9/24/2020   

最近言葉について驚くことが多いのですが、まずは昨日の二つについて。一つはあるインスタグラムで、 「ハーブガーデン、これから寂しい感じになっていきますよね‥」とのコメントに 「・・・これからのシーズンはひっそりとした感じに・・・それも詫び錆びで良きですね」との返信を見つけた時。

単なる変換ミスかなとも思いましたが、お詫びして錆びるなんて、絶対結びつかない漢字の組み合わにはびっくり。 『わびさび』とタイプすると『侘び寂び』か『詫びさび』なりますけど、それにしてもどうしたら『詫び錆び』と変換できるのか。

もう一つは、ハワイに住んでいる人のブログから。「ハワイはリベラルが強いので」というタイトルで、こういう光景が珍しいと、 この写真 が掲載されていました。

私がびっくりしたのは3段になった旗のトップのスローガン、JESUS IS KING です。キリスト教のことは知らないけれど、 キリストって神で、その神が王であるってどういうことなのかわからない・・・

では以前にも驚いたことを。例えば、上のインスタグラムからのリンクページで読んだ自己紹介文。

🏝Be,natura 🐸It is'fun in a dream the achievement life✨☘️🌱Japan🇯🇵 Aichi💝

私、まずカンマ(,)の使い方とアポストロフィ(')の位置に戸惑いました。独特すぎます。以前、 俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女がファッションモデルとしてデビューしたとき、彼女の芸名が Koki, で、 「,」までが名前(固有名詞)であることに驚きしましたが、それに続く衝撃。ところで、 英語は記号にも意味やルールがあると習いましたが、 Koki, のような使い方ってあるのでしょうかね。

次に混乱したのは、この紹介文、命令文に続いて主語+述語のある文章となっているのですが、そちらの意味が全然分からない。 私も日本人なので、日本人による英語のフレーズ、だいたい推測できるのですけど。

他には・・・最初のインスタグラマーは『アーティシャルフラワー教室』でフラワーアレンジメントを習っていて、 アレンジした(造)花の写真と、コメントに先生のお教室名が載っていました。私、 アーティシャルという英語を知らなかったのでネット検索したら、正式には アーティフィシャルフラワー のことでした。

『コストコ』のことを『コスト』と呼ぶとか、話し言葉では省略形が多く使われています。でもこの場合、 アーティシャルという通称がお教室の正式名で、何かなあ、という感じ。ちなみにアーティシャル・ フラワーで検索をかけると、アーティフィシャル・フラワーと書き換えられてリストが出ます。

と、これでお終いにしようかと思ったのですが、実は私、なぜこんなことが頭から離れないのだろう、 と記事を書きながら感じていました。そこで追加で、ここからその理由を考えてみることにします。

唐突ですが、HTML(Hyper Text Markup Language)は Web ページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。 このページ上で右クリックしてソースを表示すると、英語の単語が出てきます。でも英語が基になってはいても HTML は英語ではありません。

JESUS IS KING はトランプ氏支持派の言葉。英語の自己紹介文とアーティシャルフラワーは、「サロン」 を開催したりそこに参加したりする女性の言葉とすれば、これらは信条や感性を同じくするグループの仲間内言語です。 それがわかるようでわからないのは、私には彼らと共有するものがないからかと。 HTML と英語が異なるように、彼らの文法やそこにある世界も私の日本語や英語のものと違うのでしょう。

私が上述の言葉に驚いたのは、私とは違う人と SNS で出会ったから。日常ではほとんど接することがないので、 どの人も私と同じだと思い、でもじゃ、なぜその言葉が分からないのか、私は悩んだのでしょう。 つまり私の世間と交友関係の狭さの結果かも。以上結論です。




9/13/2020   

昨日(11日金曜日)、NFLアメリカン・フットボールの開幕戦をテレビで見ました。 前年度のチャンピオンであるカンザスシティ・チーフスとヒューストン・テキサンズの、 サーズディナイト(木曜日夜)ゲームでした。