7/10/2019   

今週の七夕の日曜日、グレープさんと、リンクスのベイブルーでビュフェランチをいただきました。

グレープさんは、3月にグリセリンソープを一緒に作った友人の一人です。 吉良町での用事の合間に3時間ほど空き時間があるということで、暇そうな私が狙われた・・・いえ、私を誘ってくれたのです。

この日はカンチさんとお茶した平日とは違い、浴衣を着たグループもいたりと、とても混んでいました。 でも奥の、こじんまりとしたコーナーの(写真下・左)、窓に面したテーブル席をいただけたので、ホテルらしい雰囲気を味わえましたし、 おしゃべりも楽しむことができました。



お食事ですが、一皿取ってきて、おしゃべりして、またお代わりを取りに行くことを繰り返していたので忙しく、 最初のサラダ以降、写真を取り忘れました。内容に関しては、特にサラダとデザートは種類が少ないかな、と。 ケッパーの添えられたサーモンは生臭くなくてよかったです。カレーは甘めでしたが私の好み、お米がおいしくてびっくりしました。

下の写真は、窓から撮ったものです。晴れていたらすばらしい景色が眼前に広がるですが、この時はあいにくの曇り空。 写真左の薄く見える山にある我が家の目印、貯水塔も見えませんでした。ということで、写真もボケていてすみません。



さて90分のランチが終わり、グレープさんに送ってもらって家路につきました。 グレープさん、予約とかその他いろいろ本当にありがとうございました。 今回はちょっと騒がしかったですけど、それでも大好きなリンクスで過ごせて嬉しかったです。


追記:

そんなに食べたつもりはなかったのに、夜になっても食欲がわかなかった私は、夕飯はフルーツサラダだけにしました。 翌日も会食予定でしたし。

その、西幡豆駅近くの「お好み焼きの牧野や」さんでの「はずうぇる」暑気払いでは、 普段食べないものが多くて思い切り食べちゃいました。メンバーの北海道、中国、ヨーロッパ旅行のお話も存分に聞けて、 ライラックさんも出席で、とても楽しい夜でした。手品も見せていただく予定でしたが、次回に延期になって、残念!




7/4/2019   

こんにちは。6月は新しいことを始めるためいろいろ準備に忙しく、あっと気づいたらもう7月で、 今日はアメリカの独立記念日。1776年に、イギリスへの「独立宣言」を採択した日ですね。 ロサンジェルスに住んでいた時の思い出としては、今は亡き義母のグレィスの愛犬シェップが、 花火の音に怯えてバスルームに逃げ込んだこと、ある年海辺のサンタモニカ市で、 夜ではなく明け方に花火が打ち上げられることになったと夫から聞いて、驚いたことでしょうか。


とそれはさておき、今日の記事は手作り化粧品シリーズの「手作りシャンプー」編。 私、シャンプーも自作しておりまして、先日は液体シャンプーではなく、シャンプー・バー、 洗髪用せっけんに初挑戦いたしました。

リキッドソープベース(アミノ酸系の液体洗浄剤)が無くなってしまって、 でももう少し待てばオンラインショップでサマーセールが始まるし、 M&P(グリセリン)ソープも残っているし・・・と、私は主婦。

材料ですが、溶かしたグリセリンソープ(アロエベラ)に、定番のゴートミルクパウダー、クレイ、 植物エキスと、髪に良いと言われるアーユルヴェーダのヘナとアーマラキー、 スピルリナ(藍藻類)の各パウダー及びビタミンEオイルを入れました。



できあがった洗髪用せっけんは、ヘナをたっぷり使ったので、下の写真のように真っ黒になりました。 しかも、パウダーの全量が多くて、それを溶かすのに精製水を余分に使ったせいで石鹸が硬くなりません。 一応外側は硬いのですが、指で押すとへこみます。カマンベールチーズみたいな感じ?



この石鹸シャンプーの材料、今までの液体シャンプーと変わりません。アミノ酸系成分が入っていないことと、 石鹸というとアルカリ性が強そうで、最初不安がありましたが、抜け毛や頭皮の乾燥などの問題もなく、 今回のような非常時のバックアップに使えそう。よかった!




5/25/2019   

先日、吉良町の Buonissimo Garden でライラックさんとランチしました。彼女のご主人がご病気で2、3カ月ほど会えず、 私たちとしては久々の再会でしたので、とても嬉しかったです。いろいろ積もる話をしていて、ふと時計を見たら3時半、 あっという間に帰宅時間が迫ってきました。

でも、もう少し一緒にいたかった私。寺部海岸で先週見つけたオープンカフェを紹介したいと、 ライラックさんに寄り道をお願いしました。

4月27日オープンのこのカフェというか海の家 Hazufornia Beach House は、寺部海水浴場の駐車場の東南の角にあります。 その後ろ(北側)には、シャワーと休憩所のような建物が隣接しているので、カフェは海水浴場の施設の一部を改装したのかも。 そうそう、3月始めにカンチさんとランチした 酵素玄米ラボ は、駐車場を挟んだ奥。お隣さんですね。

さてカフェの前でうろちょろ見ていると、オーナーの、鈴木さんという方からお声がかかりました。 30歳を超えたばかりの、爽やかでとても感じのいい、寺部出身の青年(実業家)です。 ライラックさんと私は、アメリカ・サイズの大きなピザをシェアして、コーヒーを飲んだばかりなのでお腹が一杯。 残念でしたが、写真だけ撮らせてもらいました。


  
Hazufornia nurtures the oldest and newest culture right now.
So it is the center of Japan.(私、まだ意味がわからない・・・)

  
鄙びた和テイストの内装に、あちらと同じ、といった感じのメニュー。

  
大きいサーフボード。でもサーフィンではなくて、この上に立って
オールで漕ぐのだそうです。前の通りを渡ればもうビーチ。

    

    

  

実は私、最初にこの海の家を見つけた時、少々複雑な気持ちでした。ひっそりと美しい寺部海岸、 季節のいい時にはライラックさんと散歩を楽しんだ寺部海岸、が騒がしくなっていくようで、歓迎すべきかどうかわかりませんでした。

また、上の写真の英語と、カリフォルニアから来ているとしたら「ハズフォルニア」というネーミングにもちょっと混乱しました。 夫はロサンジェルス出身で私も住んだことがありますけど、寺部海岸は南カリフォルニアのビーチと似ているとは思えないし。

でもそれはそれ。 Hazufornia Beach House のサイトや Facebook を覗いてみると、この海の家は幡豆に新鮮・洗練と活気をもたらし、幡豆にとっていいことかもと思い始めました。 実際若い世代、家族連れ、そして(外国人)観光客も夏を楽しめそうな、明るくて開放的な雰囲気があります。 私、だんだん好きになってきました。


話がずれてしまいましたが、ということで・・・ライラックさん、このカフェが気に入ったのなら、次回はここでランチしませんか。 先日のような静かな時に、海を見ながらゆったりとした気分で過ごせたら、とてもすてきだし気分転換にもなると思うのです。 では最後に。昨日も(いつも)車に乗せていただき、そして他にもいろいろとありがとうございました。次回を楽しみにしています。




5/10/2019   

ゴールデンウィークも終わった木曜日、再びカンチさんと海辺でランチしました。 今回は「吉良ワイキキビーチ・恵比寿海岸」。そしてランチは何と、なんと、カンチさん手作りのお弁当

この日は曇っていて日差しを避ける必要もないので、波穏やかな三河湾を目の前にして、 ゆったりと小さな波の音に耳を傾けながら、私たちはベンチにお弁当を広げました。 (写真下左。以下画像は全てクリックで大きくなります。)

おにぎりを手に取るとまだほんのり暖かかったです(ネコのシールが貼ってあるおにぎりは無塩)。 お海苔を巻いていただきました。後ろの白い容器はウェットタオル、小さな空色の容器にはお塩。 私が持参したものは自分用の飲み物だけで、カンチさんにすべてお世話になりました。


 

お弁当の中身(写真右)は左上から、昆布を細切りしてシシャモの卵をまぶした佃煮、 蒲郡産メヒカリ(深海魚とはしらなかった)のエキストラバージン・オリーブオイル揚げ、自家栽培のスナップエンドウ、 長崎産の新ジャガイモを使った粉ふきいも、ゆで卵、そして右端の、炒ってから砂糖醤油を絡め黒ゴマをかけた田作り。

普段食べないお魚からカルシウム、洗髪後のリンスには使っても口にすることはあまりない昆布はミネラル、 湯で加減も抜群の新鮮でぷりぷりのスナップエンドウと粉ふきいもは植物繊維と、 栄養バランス抜群の和食でしたが、この時はただおいしくて、夢中で全部いただきました。

そうそう、飲み物ですが、彼女はドクダミ茶。庭で摘んだ生のドクダミが入っているマグに、 その場でポットからお湯を注いで作ったハーブティなんて、ステキすぎます! 私なんて、ナチュラル志向とは程遠いペットボトルのスパークリングウォーター。お料理上手で、お庭で作物を育て、 体に良い食事を心がけているカンチさんはすばらしく、そのおすそ分けをいただいて、私、感謝してます。


 

さてお弁当を食べ終わった私たちはビーチを散歩しました。幡豆の海岸のほうが景観がいいと思っていましたが、 じっくりと眺めると、単調さが広々とした解放感に代わり、人がいて日常があり、そこに自然な心地よさを感じ始めました。 多分幸せだったので、私の見方も変わったのかも。実は前日、運転の練習を兼ねてここを下調べしたのですが、 その時はまだ寺部海岸のほうが好きで、この魅力に気づかなかったんです。


  
  
  

散歩途中、カンチさんに指摘されて、ビーチへの階段にはめ込まれた面白い図柄に気づきました。 全部写真に撮りたかったのに、デジカメのバッテリーが切れて断念。次回から気を付けねば。


      

この日の最後はリンクスの Bay Blue でのお茶でした。ここは本当にリラックスできます。カンチさんはホットコーヒー、 私はビタミンCが豊富と言われる、きれいなワインレッドをしたローズヒップティをいただきながら、 ここでも思い切りおしゃべりをし、「次はほかのメンバーも誘ってここ来ようね」と約束をして、お別れしました。


・・・そして今・・・楽しかったひと時を思い出しながらこの記事を書いているちゃたーです。