12/11/2019   

11月16日の「広報にしお・みんなの情報ガイド」をチェックしていたところ、おもしろそうな講座を見つけました。 「ハーブでナチュラル歯磨き粉を作りましょう」というタイトルで内容は「体と環境に優しい歯磨き粉作り」とあります。

手作りの歯磨き粉なんて盲点であった!と、好奇心を最大限に刺激された私は早速申し込みいたしました。

*



材料は写真のものの他に、天然塩、ペパーミント等。


自家製カモミール&レモンバームティを横目に材料を混ぜ混ぜ。


コモンセージの葉を紐でつけて歯磨き粉が完成しました。


私の歯磨き粉は、重曹をほんの気持ち程度しか使わなかったのでその分、量が減りました。歯磨き粉レシピでは、 歯を白くするためにクレイ(ホワイトカオリン)と同量の重曹を使います。でも重曹は研磨力が強く歯のエナメル質を削ってしまうため、 使用頻度は夜だけか週3回。私は毎日この歯磨き粉を使いたいので量を控えました。

My歯磨き粉、最初の1、2回は歯がきれいに磨かれたのかどうかわからなかったり、口を丁寧にすすがなかったのか、 朝起きると口の中が塩辛かったりで不安でした。でもでも・・・この時私は軽い歯茎の腫れがあって、スパイスのクローブ(ホール) を噛んでいたのですが、この歯磨き粉を使い始めて3日目に歯茎の腫れがなくなりました。

クレイ* には消毒作用、セージには強い抗菌・抗ウイルス、殺菌作用があり、 スギナはカルシウムなどミネラルが豊富です。また天然塩はミネラルを含み、歯に負担なく汚れを落とす作用があるそうです。 すべて歯に良い成分ですが、その成分が粘膜を通して直接吸収された結果即効果がでたことは驚きでした。

でも実は驚嘆すべきは自然のパワーかも。歯磨き粉を手作りしたことに加えて、ハーブの効能を実感できたことも嬉しいクラスでした。


* クレイパウダーの使用上の注意:
手作り材料のオンラインショップ Orangeflower さんのサイトに、

クレイには金属を錆びさせ腐食させる作用があるので、体内に金属製の物がある場合(口腔内のインプラント、金属製のボルト、 ペースメーカー、金属製の避妊具など)は、その部位への使用は避けること、クレイの飲用はお勧めしておらず、マウスウオッシュや歯磨きペーストで、 口腔内をすすいだ後に残ったもの程度は問題ないと思うが自己責任で行ってほしい・・・

等の記載がありますのでご参考まで。(参照ページは こちら



*


後日ちょっと思ったこと:
歯磨き粉のクラスのご案内には材料の一覧や材料に関する注意点がありませんでした。 私には今のところハーブへのアレルギーがなく、ハーブエキス入りのスキンケアを使っても、 ハーブティを飲んでも全く問題がないので気にしなかったのですが、先日「コスメティック事典」を読んでいたら、 例えばカモミールについて、人によっては接触アレルギーや皮膚炎を起こすことがあるとの記載を見つけました。

友人と一緒にクリームなどの手作りをするとき、私はあらかじめレシピをお知らせしていますし、 アレルギーが出たケースはありません。でも今後はもっと勉強して、 ハーブには効能だけでなく副作用・注意点もあることを頭に入れておかなくては、と思ったことでした。